夜デビューの世界

キャバ嬢だから臭いも気を付けたい

私がキャバクラでバイトをしていたときのことです。キャバクラってしょっちゅう求人を出していて私も始めは求人を見てバイトしようって思った人です。バイトをしているといろいろなことがわかってきてキャバクラもちゃんとした接客業なんだなと思い始めたころのことですが、意外と足の臭いが気になるようになったんです。誰でも多少はあると思いますけど私の場合はヒールを履くときに臭いと気づいてそれからすごく気になるようになりました。臭いって自分で気づくぐらいだと相当臭ってることがあるので危険ですよね。私はまずは消臭スプレーとか使って臭いを消すことを考えました。あとはヒールの風通しを良くしたりとか乾燥に気を付けたり、自分の足もきれいにするように気を付けました。気になるようになって暑い季節を過ぎたころにはだいぶ良くなったように感じていましたけど、いろいろな消臭スプレーを使ったので詳しくなりました。キャバ嬢だからこそ臭いも気を付けたいですよね。

先輩からのアドバイスで助かった!

キャバクラでアルバイトを始めたのは求人がすごく魅力的だったことと求人の数も多くていくらでも働けるような感じがしたからです。キャバクラでバイトをするようになってしばらくすると、私の中ではちょっとした悩みができました。ストッキングのことなんですが、しょっちゅう壊してしまってひどいときにはスタッフに買ってきてもらうようなこともあったんです。個人的にはいつもサブを持っているようにしていたんですけど、あるとき先輩にいいアドバイスをもらったんです。ストッキングのサイズをワンサイズ大きくすると壊れにくくなると言われて、それを試してみたんです。最初は少し緩い感じがしていたんですけど少しするとすぐに慣れて余裕があるからなのか脱着のときも伝線しにくくなりました。それでいてだぼつくほどの緩さでもないのでワンサイズ大きいなんて誰も気づきません。私はこの方法でストッキングの無駄遣いが減ってお財布にもだいぶ優しくなりましたよ。

学校に行く前にキャバクラでバイト

学生やりながらキャバクラ嬢もやってます。出勤は夜でなくて朝早くなんです。朝キャバなんで学校に行く前にバイトして、という形取ってます。最初は特に朝にバイトする気はなかったんですけど、求人に入店祝い金ありって書いてあったんで、それに釣られちゃいました。小さなお店でパブといった方がいいくらいです。夜に比べればお客さんが大勢でってこともないでしょうから、ちょうどいい大きさなのかもしれません。小さなお店なんで待遇もそこそこかと思いきや、予想を裏切られました。スポーツジムのグループと提携していたり、資格取得講座を安く利用できたり、といったことまで用意されているからです。もちろんお店出るときには電車の始発前に行きますから、それに合わせて迎えにきてくれます。そしてヘアメイクもドレスのレンタルも無料です。ジムとか講座を目当てに入店してるOLさんとかもいます。肝心の時給は夜のキャバクラと大して変わらないので、バイト先として悪くない気もしています。朝早い分夜遊べないけど、特に不便は感じてません。

意識をもって働きたい

キャバクラっていうとあまり世間一般からのイメージが良くありませんが、実際に働いてみるとその辺のアルバイトなんかよりもよっぽど勉強になりますし、働く環境はかなり整っていると思います。普通に私はこれまでいろんなアルバイトをしてきましたけど、キャバクラほど周りと仲良くなれて一緒に頑張っていくというような仲間意識があるところはなかったと思います。色々とせっかくだから挑戦してみたいと思ったので求人をみて働き始めたんですが、最初の体入でイメージが結構変わってしまったので個人的にはやっぱり体入の存在は大きいと思いました。やっぱりいろんな面で私としては働きまくっているとお金がどんどん稼げていきますし、求人にそういうところを堂々と載せているのがよっぽど自信があるんだろうと思っています。いろんな体験をさせてもらっていますが、私としてはこれからはしっかりとしたアルバイトとしての意識、キャバクラ店員としての自覚をもって求人のように働きたいですね。